「苦手克服」「まわりと差がつく!」

中学3年生
成果が出る春休み勉強法

中学3年生
春休みの勉強法でこのような
お悩みありませんか?

  • 塾・家庭教師の春期講習受けるかどうか悩んでいる

  • 中学3年生進学前の春休みに「何」を勉強したら良いのか?

  • 春休みは中学校3年生の予習をした方が良いのか?

  • 春休みの学習計画の立て方がわからない

  • 春休みの自宅学習の効率的な勉強法がわからない

  • 中学2年生、中学1年生の基礎をどう復習したらいいのかわからない

  • 中学2年生、中学1年生の復習のおすすめの問題集や教材がわからない

  • 春休みにどのくらい高校受験対策をすればいいのかわからない

 

中学3年生への進学を迎えた中学2年生にとって春休みは不安と期待で胸が一杯の時期でしょう。中学3年生の成績は全ての都道府県で高校受験のための内申点が付けられる成績になるので、高校受験をするうえで中学3年生の成績は中学3年間で最も大切です。中学3年生への進学前の春休みは、中学2年生、中学1年生の苦手部分を克服して中学3年生の新学期を好スタートする大きなチャンスです。春休みに成果の出る勉強法を実践する事で、中学校3年生の大きな成績アップを実現する事が出来ます。

てすラボ24時間学習塾では、自宅での時間を効率的に使える映像解説授業を中心とした勉強と個別指導サポートで弱点部分を克服して、春休みに大きく偏差値・学力アップできる準備と勉強法を新中学3年生に指導します。

中学3年生の
春休み勉強法のポイント

ポイント 1

学習計画を作って家庭学習する事に慣れる

中学校3年生に進学して良い成績を取る為には自宅学習が必須です。まずは春休みをキッカケに、自分で毎日勉強できる時間と時間帯を決めて、学習計画を作成するという事が出来るようになっておきましょう。学習計画を作れるようになれば、中学3年生に上がってからの普段の予習復習による授業理解、定期テスト前の勉強も楽にこなして、定期テスト、実力テスト、単元テストなどで良い点数、良い成績を取る事が出来るようになります。

ポイント 2

自宅学習の勉強法を身につける

勉強が出来る子と出来ない子を分けるのは能力の差ではなく家庭学習の質と量の差と言えます。中学校3年生に進学する前に、これから中学3年生になって学習していくための自宅学習の勉強法を確立しておく事で中学3年生にあがってからの成績に大きな差がつきます。春休みの勉強を通じて、中学3年生になる前に毎日の勉強法を確立しておく事が重要です。

ポイント 3

中学2年生、中学1年生の基礎の抜け漏れを復習して克服

基礎の抜け漏れを復習するのは、英語・数学を優先する事が重要です。新中学3年生の春休みはこの2教科を優先して復習を行います。英語と数学は国語・理科・社会に比べてより関連性が重要な科目です。中学2年生、中学1年生の基礎がわかっていないと中学3年生の授業に全くついていけないという可能性も出てきます。だからこそ、この2科目の基礎の抜け漏れの復習を最優先とします。 英語、数学の基礎の抜け漏れの復習以外に勉強時間が取れるのであれば中学3年生に上がる前の春休みは国語力アップに時間を使うとよいでしょう。中学2年生、中学1年生の時に習った、漢字と語彙、小説文や論説文などによる文章の読み取り方の違いまで復習できれば中学3年生に上がる前の春休みの勉強は完璧です。

ポイント 4

中学3年生の1学期の定期テストで得点するための復習

中学3年生の定期テストは中学2年生、中学1年生よりも範囲がも広く内容も難しいものになります。だからこそ、春休みから準備が出来ているケースと出来ていないケースではテストの得点やテスト勉強の大変さに大きく影響が出てきます。 効率よく定期テストで高得点をとるための準備を春からしていきましょう。 まず数学ですが、中学3年生の1学期の中間テスト、期末テストで得点するために必要な春休みにやり直しをしたい中学2年生の内容、単元は基本的な計算がメインとなります。 中学2年生の1学期にならった、式の計算。1年生の2学期にならった方程式の考え方をしっかりと抑えていることが重要です。中学3年生の1学期に習う内容に直接的に必要な基礎がこの部分なのでこれらの単元の基礎の部分での抜け漏れをなくしていきましょう。もちろん、その他の単元のやり直しの時間があればやれる方がいいですが、優先順位としては上記の内容が高いです。 次に英語ですが、英語は数学よりも関連性が強い単元が多い分野が多いので、理想をいえば全範囲のやり直しができると良いです。ただし、優先順位として最も高い分野は中学2年生の3学期に習った、受け身形、2学期に習った不定詞、1学期に習った未来表現です。ただし、これらの分野は中学1年生に習った内容がわかっていることが前提なのでもし中学1年生の英語で抜けている部分が多ければそこの内容もしっかりと抑えなければなりません。次に英語で抑えてほしい優先順位が高い内容としては中学2年生、中学1年生の時に習った単語をスラスラかけるようにしておく事も大切です。時間的に余裕があればその他の分野の基本的な文法事項のやり直しをするのが良いでしょう。

てすラボ24時間学習塾の
春休み勉強法のステップ

学習
ステップ 1

効率的な復習

中学2年生の基本を短時間で効率良く復習して基礎の抜け漏れを確認

中学1年生で学習した基本を効率良く復習します。まずは基礎で抜けている部分があれば、どこの基礎が抜けているのかを明確にする事で、春休みの勉強法の進め方も変わってきます。てすラボ24時間学習塾では、まず中学校2年生の基礎の抜け漏れを効率良く最短で確認できる勉強法で春休みの勉強を実践して頂きます。基礎の確認は英語・数学に絞って行う形でまず学習計画を立てます。基礎の抜け漏れの学習の為の日数も確保する必要がありますので、基礎の抜け漏れ確認学習は3日〜4日で終わらせる学習計画を作って勉強に取り組みます。 ※余裕があれば国語・理科・社会も基礎の抜け漏れを確認する為のチェック学習を行います。

学習
ステップ 2

春休みの学習計画をたてる

明確になった「基礎の抜け漏れ」を克服する学習計画の作成

学習ステップ1で明確になった中学1年生の基礎の抜け漏れを克服する為の学習計画を残りの日数で作成します。春休みは3月20日前後〜4月7日前後の学校が一般的になります。春休みの最初の3日〜4日で基礎の抜け漏れが確認できていますので、残りの10日〜14日で復習する単元分と1日の勉強時間を計算して学習スケジュールを調整します。

英語と数学の2教科は必ず学習計画に取り入れるとよいでしょう。余裕があれば国語、次に理科・社会も復習できるような学習計画を作って頂きます。

学習
ステップ 3

抜けている基礎をなくす

「基礎の抜け漏れ」だけを効率的に学習して克服

てすラボ24時間学習塾は映像授業での学習が中心になります。通常の学習塾の春期講習のように他の生徒と足を揃えた授業ではなく、自分のわからない問題だけを映像解説授業で受ける事ができますので効率的に復習が出来ます。24時間好きな時に、スマホ・タブレット・パソコンで塾講師の授業を自分のわからない問題だけ集中して受ける事が出来ます。塾や家庭教師だと何度もわからない問題を質問出来ないという生徒も安心して復習する事が出来ます。

てすラボ24時間学習塾の
6つの特徴

特徴

学校の授業に対応

特徴

学校の定期テスト・単元テストに対応

特徴

映像解説授業で自宅が学習塾

特徴

LINE・メールでの個別指導

特徴

チューターサポート

特徴

低価格で安心の料金体系

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-103-353

[ 受付時間:10:00~22:00 ]

LINEでのお問い合わせはこちら

友達追加をしてメッセージをお送りください。

メールでのお問い合わせはこちら

全国公立中学校別対策

全国の公立中学校に対応した春休み対策勉強法を行います。学校の教科書に対応した教材・問題集(教材費無料)を使用して、春休み期間に前学年までの基礎の抜け漏れと克服の為の勉強に取り組みます。授業は塾講師が丁寧に問題を解説する映像授業形式で行いますので、何度もわかるまで視聴して内容を身につける事ができます。それでもわからない問題はLINE・メールでのオンライン個別指導対応を行いますので安心です。学校別対策は以下の都道府県ページからご確認ください。

毎月開催!

模試を受けて
きみの弱点を発見しよう!

志望校合格判定個人成績問題別分析
きみの学力診断ができる

     2020年6月・7月 
学力診断テスト受付中

なぜ塾で伸びない悪循環の子の
成績が伸びるのか?

他の塾より選ばれる理由

なぜ他の学習塾で伸びない悪循環にいる
中学生の成績を伸ばす事ができるのか?
その理由がわかります。

他の学習塾との比較はこちら

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-103-353

[ 受付時間:10:00~22:00 ]

LINEでのお問い合わせはこちら

友達追加をしてメッセージをお送りください。

メールでのお問い合わせはこちら